モチベーションの重要性

ブログ20170724【モチベーションの重要性】(画像)

こんにちは、アイ・コンサルティングの谷川宏樹です。

 

本日のテーマは「○○○の重要性シリーズ」の第6弾「モチベーションの重要性」について。

 

職場で、あるいは職場以外でも、モチベーションという言葉が当たり前に使われています。経営コンサルティング会社、それも人材育成や組織づくりの支援を得意とする当社としては、仕事柄それこそ毎日のように耳にします。

 

 

ところが、それだけよく使われる言葉である一方、実際には目に見えるものではないので、なんとなく掴みどころがなく、日常ではなおざりになっている側面もあるようです。

 

 

よく、物事の成果について、

成果 = モチベーション × 能力

という式で表します。

 

 

掛け算ですので、モチベーションがいくら高くても、能力が低ければ成果は上がりません。

 

逆に、能力がいくら高くても、モチベーションが低ければ成果は上がりません。

 

 

この式、改めて言われてみれば、そりゃそうだよな、と思えるのですが、本当にこのことを日常でどれだけ意識できているでしょうか?特に「モチベーション」について、チームのそれを高めることをどれだけ意識できているでしょうか?

 

 

この2つ、「モチベーション」と「能力」について比較して考えてみると、やはり「能力」の方がまだ形があって、目に見やすく、自然と注意が向くのだと思います。逆に「モチベーション」は形が無く、目に見えにくいですので、それを高めることも、どうしてもおろそかになってしまうのだと思います。

 

 

そして、この目に見えにくい「モチベーション」を目で見ようとして、表面的な様子だけで捉えてしまうのも危険だと思っています。

 

 

一般的に、明るく元気が良く快活であるとモチベーションが高いと感じさせます。また自分自身でも、気分が乗っていて調子が良い日など「今日の自分はモチベーションが高いぞ」と思ったりします。

 

 

しかし、本当にそうなのでしょうか?

 

 

私は、真のモチベーションというのは、もっと内側にあるもの、心の中で静かに燃える熱い炎、内に秘めたる熱意のようなもの、と捉えています。

 

 

現に、寡黙な方であっても、日々黙々と仕事に打ち込んでおられ、じっくりと話を聴いてみれば、実に熱い思いや信念を持っていらっしゃる方もいます。

 

 

また、意識を高めるためのセミナーや研修などに参加した時、いろいろと良い話を聴いて「明日から頑張るぞ!」と思えることが多いと思いますが、それが数日経つと、すっかりその火が消えている、そんな経験をしたことがないでしょうか?それは研修でモチベーションが上がったのではなく、言ってみれば、良い話を聴いて「テンション」が上がったのだと思います。

 

 

仕事におけるモチベーションというのは、仕事に対するやりがいや使命感を感じていること、仕事で貢献感を感じていること、そこからさらに自分が目指すビジョンを思い描いていて、粛々とそこに向かって努力や工夫を重ねる意気込み、そういうものであって、性格や一時的な感情の話ではないと思うのです。

 

 

一方で私は、性格が明るく元気なことや、一時的にテンションが上がることも、とても重要なことだとも思っていますし、それらはモチベーションと別物ではあっても、無関係というわけでは無く、相関関係のようなものがあるとも思っています。

 

 

性格が明るくて元気なほうが、自分の仕事に対して前向きに捉えて、希望のある将来ビジョンを描きやすいのではないかと思います。

 

 

また、研修で良い話を聴いてテンションが上がれば、それ自体は一時的なものであっても、繰り返しそういう機会があれば、大事なことが以前よりも見えてきたり感じられたりするようになり、結果的にはモチベーションも上がっていくことになると思います。

 

 

私が言いたいのは、表面的に士気が高く見える状態も望ましいことに違いないが、それだけで安心してはいけないということです。何か単発の刺激により、一気にやる気が高まっても、それだけでは、すぐに冷めてしまいます。

 

 

経営者として、本当に社員のモチベーションを上げようと思えば、研修で意識改革を図ることも大切ですが、それは単発ではなくちょうど良いスパンで定期的に繰り返して行なうべきだと思いますし、さらにそれだけではなく、理念・ビジョンの浸透・共感化を図ったり、良い目標を社員に持たせたり、社員に感謝の気持ちを伝えたり、適材適所を考えながら上手く仕事を任せたり、と色々なことを、そして、大事なのはそれらを単発ではなく、継続的に、あるいは、繰り返し繰り返し、仕掛けていかなければなりません。

 

 

本当に労力と時間がかかり、根気よく続けていくのは大変です。しかし、そうして真のモチベーションが高まってくれば、これは一時的なものではありませんから、ゆらぎにくく、企業の安定的な底力が強化されます。極めて有益なことではないでしょうか。

 

 

それにしても、そういう企業を目指して、どんどん仕掛けをしていくのは、とても楽しいことです。根気と諦めない気持ちが必要ですが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中