7つのSを活用した組織運営とは

Consulenza-aziendale-Gobeitaly

皆さんこんにちは、アイコンサルティングの畑中です。

 

今回は、“最適な組織運営”について考えていきたいと思います。

 

しかし、ひとくちに最適な組織運営といっても、そこには会社の戦略や仕組みや制度等、多くの要素が複雑に絡み合っています。

 

その為、組織に関連する一要素だけをみてしまうと、目を向けていない他の要素に影響を受けてしまい、思うような成果が得られなかったりする場合もあります。

 

とりわけ、組織改革を行う際は、組織の各要素を包括的に捉え、全ての要素を適切に連携させ、改革のベクトルと整合を図っていかなければなりません。

 

そこで今回は、組織の全体像と組織運営に影響を与える要素間の連携や関連性を捉えるために有用なフレームワークである「7つのS」について見ていきたいと思います。

 

「7つのS(7Sモデル)」は、世界的に有名なコンサルティングファームである「マッキンゼー・アンド・カンパニー社」が提唱した理論です。

7つのS

 

7つのSの“S”は、組織要素のイニシャルを表しており、それぞれの要素間での関係性がどのようになっているかを明らかにすることが可能となります。

7つのSの内、

Strategy(戦略)
事業の優位性を保つための強み、戦略上の優先順位、事業の方向性。

Structure(組織)
組織の形態(事業部別組織、機能別組織)、部門間の地位など。

System(システム)
評価・報酬・採用・育成の仕組み、意思決定のプロセス、情報の流れ、会計制度など。

 

の3つを“ハードの3S”と呼び、

 

 

Shared Value(価値観)
従業員が共通認識している価値観、長期に渡る組織目標。

Staff(人材)
個々の人材の能力。

Skill(スキル)
組織全体に備わっている販売力、技術力、マーケティング力などの技術。

Style(スタイル)
会社の社風、組織文化。暗黙の行動規範。

 

の4つを“ソフトの4S”と呼びます。

 

 

“ハードのS”及び“ソフトのS”共にどちらも非常に重要なものとなってきますが、「ハードのS」は経営者の意思次第で比較的短期間で構築する事が可能な一方で、「ソフトのS」は、人の感情やスキル等が絡んでくることもあり、非常に難しく、時間が掛かると言われています。

 

とりわけ、Shared Value(価値観)に関しては、ハードのSとソフトのSを繋ぐ役割も有していることから、非常に重要な要素だと考えられます。

 

優れた企業においては、これらの7つの要素を互いに補完し、またシナジーを生みながら戦略を実行しています。

 

例えば、企業戦略が、システムや組織の構成に繋がったり、必要とされる人材やスキルを決まり、組織文化(スタイル)を醸成していきます。また反対に、スキルや人材により新たな戦略が生まれてくる場合もあるでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

今後、自社の組織の運営や改善ポイントを把握する為に、また他社と比較分析する際などに、より包括的な視点から整理するツールとして活用してみてはいかがでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中