企業変革を進めるステップとは

変革

皆さんこんにちは、アイ・コンサルティングの畑中です。

 

経営環境が急激に変化している現代において、その変化に対応するために組織変革を成功させていく事が、企業の存続、成長の大きなカギとなっています。

 

しかし、そうした変革に挑戦した企業において、その成果を享受できない、また、逆にマイナスの状態を招いてしまうケースも少なくありません。

 

 

今回は、ジョン・コッターの「企業変革を進める8段階プロセス」から、企業変革を成功させるヒントを掴んでいきたいと思います。

 

ジョン・コッターは、変革のマネジメントとリーダーシップについての世界的権威で、ハーバード・ビジネススクール名誉教授、また、松下幸之助についても熱心に研究を行った事でも有名な人です。

 

彼は、多くの事例から企業が変革に失敗した原因を分析し、その解決策として企業が変革を推進していくための「8段階のプロセス」を整理しました。

 

すなわち、その原因とは、

 

・内向きの企業文化
・変革を妨げる官僚主義
・社内派閥
・相互の信頼感の欠如
・不活発なチームワーク
・社内外に対しての傲慢な態度
・中間管理層のリーダーシップの欠如
・不確実に対する恐れ

 

であると主張しました。

 

そして、それらを乗り越えて大規模な変革を進めるためには、下記の8段階プロセスを達成していく事が必要であると主張しました。

 

ステップ1 危機意識を高める
・市場と競合の現状を吟味する。
・危機、あるいは絶好の成長機会を見付けて、検討する。

 

ステップ2 変革推進のための連携チームを築く
・変革をリードするために十分なパワーを備えたグループを生み出す。
・このグループにチームとしての活動を促す。

 

ステップ3 ビジョンと戦略を生み出す
・変革の試みを導くためにビジョンを生む。
・このビジョン実現のために戦略を立てる。

 

ステップ4 変革のためのビジョンを周知徹底する
・あらゆる手段を活用して継続的に新しいビジョンと戦略をコミュニケートする。
・連帯チームのメンバーが、従業員に期待される行動を自らがモデルとなって示す。

 

ステップ5 従業員の自発を促す
・変革の行く手をはばむ障害を取り除く。
・変革ビジョンを妨害するシステムや組織構造を変革する。
・リスクテイキング、いままで遂行されたことのないアイディア、活動、行動を促進する。

 

ステップ6 短期的成果を実現する
・業績上で眼に見える改善、すなわち短期的勝利を生む計画を立てる。
・実際に短期的勝利を生み出す。
・これらの勝利実現に貢献した人たちをはっきり認知し、報いを与える。

 

ステップ7 成果を活かして、さらなる変革を推進する
・変革のビジョンに合致せず、全体的になじまないシステム、構造、制度を変革することに築きあげられた信頼を活用する。
・変革ビジョンを推進する事に貢献する人材を採用し、昇進させ、開発する。

 

ステップ8 新しい方法を企業文化に定着させる
・顧客重視、生産性向上を目指す行動、すぐれたリーダーシップの発揮、さらにすぐれたマネ  ジメント機能を通じて業績向上を実現する。
・新しい方法と企業の成功の関係を明確に示す。
・リーダーの開発と後継者育成を促す手段を生み出す。

 

 

実際にこれらの一つ一つステップを達成していく事は、言葉で見るより、ずっと大変なことですし、経営者や幹部・管理者のリーダーシップやマネジメント力が、どのステップにおいても非常に重要になってくるでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

これから変革を進める、また、現在の変革を振返り整理する一つのツールとして活用し、より自社の成長・発展に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中