組織の成功循環モデルとは

組織の成功循環モデル

皆さんこんにちは、アイコンサルティングの畑中です。

 

 

本日は、「組織の成功循環モデル」についてみていきたいと思います。

 

 

組織の成功循環モデルとは、マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱している理論で、組織が成果を上げ、成功に向かう過程や重視すべきポイントを明らかにしたものです。

組織の成功循環モデル

 

上図の様に、組織の成功循環モデルは、「関係の質」「思考の質」「行動の質」「結果の質」の4つの要素から構成されます。そして、どの要素に最初に着目するかによって、「バッドサイクル(悪い循環)」と「グッドサイクル(良い循環)」に分かれ、成果や結果に繋がるかどうかが決まると考えます。

 

 

バッドサイクル(悪い循環)では、

 

結果の質」→「関係の質」→「思考の質」→「行動の質」→「結果の質」…

 

という循環をとります。

 

「結果の質」だけを追い求め、目先の数字を向上させようとするところから始まりますが、思うように成果が上がらず、「結果の質」が低下すると、組織に対立が生じ、押し付け、擦り付け合い、自己防衛、横暴な指示・命令等が横行するようになり、「関係の質」も悪化します。また、他のメンバーとの「関係の質」が悪化すると、当然、仕事を面白さは感じられず、自ら考えることをやめて受け身になってしまい、「思考の質」も低下していきます。更には、自発的・積極的な行動もなくなり、「行動の質」も低下し、成果が上がりにくくなる事で、更なる「結果の質」の低下を招き、「関係の質」もより悪化していくと考えます。

 

 

グッドサイクル(良い循環)では、

 

関係の質」→「思考の質」→「行動の質」→「結果の質」→「関係の質」…

 

という循環をとります。

 

組織において「関係の質」を高めるとは、メンバーの相互理解を深め、互いを尊重し、一緒に考えるという事で、それにより、新たな気づきや面白さを感じられ、「思考の質」が向上し、自発的に考えて、積極的な働き方をする様になり「行動の質」も高まります。その結果として、成果が得られ「結果の質」が高まり、その実績が更に信頼関係を強化するので、「関係の質」が向上していくと考えます。

 

 

 

この様に、組織の成功循環モデルでは、「結果の質」を高める為には、一見遠回りだと思えても、組織メンバー相互の「関係の質」を高めることから着手すべきである、と述べています

 

 

 

日々仕事をする中で、成果といった 「結果の質」を求められることは多く、目先の利益に目が行く事は当然ある事かと思います。そうした中で、中長期的な視点を持ち、まず「関係の質」から着手するという事は、とても勇気のいる事かも知れませんが、グッドサイクルを生み出す為に、最初の一歩踏み出し、組織の活性化に繋げてみてはいかがでしょうか。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中