吉田松陰に学ぶ人材育成・組織づくり(前編)

ブログ20180226【吉田松陰に学ぶ人材育成・組織づくり(前編)】画像

こんにちは、アイ・コンサルティングの谷川宏樹です。

 

「偉人に学ぶ人材育成・組織づくりシリーズ」第6弾のテーマは「吉田松陰(1830~1859年)に学ぶ人材育成・組織づくり(前編)」です。今回のテーマは2回に分けて書かせて頂きます。

 

 

吉田松陰は、松下村塾を主宰した人ですが、この松下村塾から並々ならぬ人材が輩出されており、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、桂小五郎(木戸孝允)、山県有朋、入江九一、吉田利麿、山田顕義、正木退蔵、など、明治維新の原動力や、明治新政府で活躍した多くの逸材が挙げられます。これを聞くだけでも凄いことです。

 

 

さらに、これが江戸や京都などなら、まだあり得ることかもしれないと思えるのでしょうが、山口県の萩という、江戸からも京都からも遠い地方の国の一介の村にあった私塾にも関わらず、これらの名立たる人材を輩出しているわけです。本当に驚きですよね。そういう意味で、人材育成などの研究者で吉田松陰を研究する人も多いようです。

 

 

明治維新や新政府の確立に影響を及ぼした人たちを、同じ私塾出身者からこれだけ輩出したのには、当然、ある人物が一緒に事を進める同志としては、共に学んだ良く知っている仲間を引き入れて一緒に進めようと思うでしょうし、それによってお互いに登用されたために、周辺の人材が皆揃って頭角を現すこととなった面はあるのでしょう。

 

 

しかし、もし仮に人脈や関係性によって、国づくりの中心に参加したとしても、本物の意志力と能力がそれぞれの人物になければ、すぐに脱落しているはずです。やはり、そこには、この塾で育まれた、何か芯となるような揺るぎ難い力があるのだろうと思います。

 

 

よく誤解されがちなのですが、実は、松下村塾は最初に松陰が創ったわけではありません。1842年に松陰の叔父である玉木文之進が自宅で私塾を開いたのが始まりで、後に松陰の外伯父にあたる久保五郎左衛門が継承し、子弟の教育にあたりました。そして1857年に27歳の松陰がこれを継ぎ、主宰することになったのです。

 

 

さて、お気付きでしょうか。松陰は1830年~1859年に生き、29歳の若さで亡くなっています。ということは、松陰が松下村塾を主宰した期間というのは、2年程度のとても短い期間だったのです。

 

 

その話を聞くと、

「え?じゃあ、そのそうそうたる人物たちを排出したのは、実は松陰の前の、久保五郎左衛門、あるいは玉木文之進が凄かったということなのかな??」

と一瞬思いますが、そうではありません。

 

 

松下村塾は元々、読み・書き・そろばんを教える地域の私塾であり、松陰が継承した頃もそうでした。しかし、松陰はそういうことよりも、今この国で、社会で起こっている問題について学ぶ塾にしたいと考えて、変えてしまったのです。

 

 

変えた当時は色々と混乱もあったようで、こんな田舎では役に立たないような国の問題よりも、実務的な読み・書き・そろばんを教えてもらいたい、という声も多かったわけです。これは想像に難くない話だと思いますよね。しかし、もし、読み・書き・そろばんを教えていたとしたら、このような人材が多く輩出されたでしょうか。そんなことはないでしょう。

 

 

ということは、やはり、松陰が主宰した頃の松下村塾により、このそうそうたる人物たちが育ったわけです。

 

 

ここまでを今一度まとめますと、松下村塾は、

 

 

1.高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、桂小五郎(木戸孝允)、山県有朋、入江九一、吉田利麿、山田顕義、正木退蔵、など、明治維新の原動力や、明治新政府で活躍した多くの逸材を輩出した。

2.それも、山口県の萩という、江戸からも京都からも遠い地方の国の一介の村にあった私塾にも関わらず、である。

3.しかも、松陰が松下村塾を主宰した期間、つまり彼らを育成した期間は、1~2年程度のとても短い期間だった。

 

 

ということです。とても信じられない話ですね。しかし、実際にそのようなことが起こっているわけであり、そこに人材育成の重要なカギがあるだろうと思われるわけです。
(後編へつづく)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中