学習する組織とは

組織とは

皆さん、こんにちは。

 

アイ・コンサルティングの畑中です。

 

現代においては、ビジネスサイクルの短縮化や知識・技術の更新速度が高まる事で、保有しているノウハウの陳腐化も早くなっています。

 

 

その為、以前の様な、上司からのトップダウンによる指導や、マニュアルを中心とした知識の伝承では対応出来ない場面が増えています。

 

 

その様な環境変化の激しい昨今においては、組織で働くメンバーが、実際に自ら現場で学習し、知識、ノウハウを身につけ行動していく重要性はますます高まってきています。更には、その環境へ適応するために変革する力を組織として持つ事が、継続的に存続していく上で必要不可欠となっています。

 

 

そうした変革する力を有した組織の概念として「学習する組織」というものがあります。

 

「学習する組織」とは、マサチューセッツ工科大学のピーター・センゲが提唱した組織アプローチの一つです。過去の組織文化や戦略に捉われることなく、メンバーによる自発的な行動や工夫等で、常に進化を続ける組織のことを指し、現在でも組織開発の有力なアプローチとして、多くの企業で実践されています。

 

学習する組織を実現するための手段としてセンゲは次の5つの規律(ディシプリン)を挙げています。

1.システム思考(systems thnking)
ビジネスにおける構造的相互作用を把握する力。つまり、あらゆる物事・事象を相互関係で捉えることで、一連のシステムとして理解する考え方です。

2.自己マスタリー(personal mastery)
メンバー1人ひとりが自己を高める意志を持つ。つまり、自己の人生におけるビジョンと現状の差を明確に認識することで、継続的に自己の能力向上に取り組むことです。

3.メンタルモデルの克服(mental models)
凝り固まったものの考え方を克服する。つまり、個々人の心に固定化されたイメージや概念を明示的に捉え、検証・改善していくことです。

4.共有ビジョン(shared vision)
個人と組織のビジョンに整合性を持たせる。つまり、将来の姿を構成員全員で共有することです。

5.チーム学習(team learning)
対話を行うスキルと場を養う。つまり、意見交換やディスカッションにより、共同してチームの能力を向上させていくことです。

 

これらの規律をバランスよく整える事が重要になり、とりわけ、システム思考は、組織の持つ複雑性を正しく理解し、ほかの4つのディシプリンを統合する役割を担う基盤となるものであり、重要性が特に高いものと捉えられるでしょう。

 

 

これらにより学習する組織を実現する事で、急激な事業変化に耐え、環境に迅速に適応する事が可能となり、長期にわたって持続的に高い成果を出し続けることが出来ます。

 

また、組織学習においても、過去の学習や成功体験を通じて獲得した考え方や行動方法にのっとって問題解決を図り、その過程で学習する(シングルループ学習)よりも、外部から新しい知識・情報を取り込み、更にそれをまたシングルループ学習によって反復・強化する(ダブルループ学習)が競争優位を保つ上でとても重要となります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

学習する組織という視点から、改めて自社の組織文化を鑑みる事で、より強固で持続性のある組織づくりを目指してみてはいかがでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中