キャリア・アンカーとは

キャリア・アンカー

皆さんこんにちは、アイ・コンサルティングの畑中です。

 

突然ですが、「皆さんはどんなキャリアを築いていきたいですか?」

 

こんな風に聞かれると、中には明確なビジョンを持たれている人もいるかもしれませんが、その答えを日々模索し、葛藤している人も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、「キャリア」と言われてどんなイメージを持たれるでしょうか?

 

一般的には、「仕事・経歴・就職・出世・転職」というイメージや、仕事に取組むことで身に付ける「技術・知識・経験」などが思い浮かぶのではないでしょうか。

 

これらはその通りなのですが、キャリアとは更に、人が生涯の中で様々な役割を果たす過程で、自らの役割の価値や自分と役割との関係を見出して行く積み重ね、つまり、自分自身の生き方も含む概念だそうです。

 

そう考えると、中々答えが出ないのも当たり前ですし、人生をより豊かにする上で、自分の「キャリア」を考える事は、本当に大切な事だと強く感じます。

 

今回は、自分の「キャリア」を考える上で、また従業員の価値観を捉える上でとても参考になる概念である、「キャリア・アンカー」について見ていきたいと思います。

 

キャリア・アンカーとは、アメリカの組織心理学者エドガー・シャインによって提唱された概念で、人がキャリアを選択する際に、最も大切とする価値観や欲求、また、周囲が変化しても自己の内面で不動な要素のことをいいます。

 

そして、「キャリア・アンカー」は、下記の8つに分類されます。

1.管理能力
集団を統率し、権限を行使して、組織の中で責任ある役割を担うことにやりがいを感じる。

 

2.技術的・機能的能力
特定の分野における専門的な能力や技術を高めることにやりがいを感じる。

 

3.安全性
一つの組織に継続的に属し、社会的・経済的な安定を得ることに幸せを感じる。

 

4.創造性
クリエイティブに新しいもの・ことを生み出すことにやりがいを感じる。

 

5.自律と独立
組織のルールや規則に縛られず、自分自身の意思と方法で仕事を進めていくことに
やりがいを感じる。

 

6.奉仕・社会献身
社会的に意義のあることを成し遂げたり、他人に奉仕したりすることにやりがいを感じる。

 

7.純粋な挑戦
困難な課題を解決する事やライバルとの競争にやりがいを感じる。

 

8.ワーク・ライフバランス
個人的な欲求・家族・仕事間のバランスを調整することに幸せを感じる。

 

 

これらの分類は、単に「どんな仕事をしたいのか」という視点ではなく、「何を最も大切にして仕事に取組むのか」という、その人の人生観、姿勢、ポリシーを突き詰めた生き方を表しおり、会社の方針、時代や外部環境の変化によって変わることのない、本質的な職業人生のよりどころとなるものです。

 

また、キャリア・アンカーは、一度形成されると変化しにくく、生涯にわたりその人の重要な意思決定に影響を与え続けるとされています。

 

その為、キャリア・アンカーを見極める事で、自分の人生をより豊かできる大きなヒントとなります。また、従業員一人一人のキャリア・アンカーを把握し、人員配置、能力開発等の効果的な仕組みづくりに活かせれば、一人一人がより活き活きと働ける組織に近づけます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

キャリア・アンカーを活用する事で、自分自身、また従業員のキャリアをより深く考え、人生の質をより高めたり、従業員一人一人の価値観を尊重しつつ、能力が最大限に発揮できる環境づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中